朔のメンバーになる

6/13(日)日本酒からローカルリベラルアーツを学ぶ旅 〜農業編〜

6/13(日)日本酒からローカルリベラルアーツを学ぶ旅 〜農業編〜

レギュラー価格 ¥19,580 単価  あたり 

税込

 「山田錦」を生んだ兵庫県播磨地方の土と水が育てる、3年連続金賞受賞の酒米の王様「山田錦」を学ぶ


語り手:
株式会社元源 代表 農家 藤本圭一朗さん

◆プロフィール
学生時代に休学して世界各国を放浪する中で、日本の風土がいかに農業に恵まれているかを実感、日本で農家として生きる決意をして帰国。地元加西市の近くで理想の農業ができる土地を探し求め、あばら家で暮らしながら放棄田を開墾し、ゼロから農家を志す。株式会社元源を立ち上げ、仲間と共に加西市上万願寺町の地域活性化を目指しながら、山田錦と、里芋については無農薬・無化学肥料栽培に取り組む。「自分の育てた「山田錦」で仲間と傾ける一献は最高です」。



「朔」は、日本酒を地域文化の語り部とするローカルリベラルアーツに触れながら、
1年かけてあなただけの日本酒を醸してゆく、これまでにない旅と学びのカタチです。
米を主食とする日本において、米から造る日本酒にはその土地のfudo(風土)が凝縮されています。
土地と人に根付かない日本酒はないし、その逆もありません。
日本人にとっては自らのルーツをたどる体験ともなる旅に、出かけてみませんか。

今回の旅は、酒米である山田錦を育む農家の方から、直接「酒米作り」を学びます。
「朔」は、日本酒をお米から育てて、さらにそのお米で酒を醸すところまでを一緒に体験する旅です。
お話いただく藤本さんは、この「朔」限定日本酒のお米を育てていただく農家の方です。

◎配信内容(13:00〜14:30)
農家の藤本さんから、山田錦という酒米の特性、育成の難しさや喜び、
また藤本さんご自身がなぜこの加西という土地で農業を始めたのか、という
藤本さんと山田錦のルーツを学びます。

ここから、朔(さく)専用の山田錦を育てる田んぼに移動して、
田んぼの特性、土質や気候、水質といった農業の源になる知識を
実際の田んぼを見ながら学びます。
田植えする「稲」についても、藤本さんからご紹介いただき、
これから、育った米がどんなお酒になっていくのかを楽しみにしながら、
オンライン講座は終了です。
現地参加の方は、ご希望者については、朔の稲を田植えする体験をしていただけます。1〜2本だけにはなりますが、実際の田んぼの土・水・温度・稲の触感を感じていただける体験となります。


講座受講いただいた方には、後日ささやかな「旅のお土産」をお届けします。お楽しみに。


◎旅のお供
・朔限定 オリジナル 播州織手ぬぐい

播磨地区の名産「播州織」という特殊な織りで作りました。
「朔」のロゴも、染めではなく、「織り」で表現しています。
今しか手に入らないこの播州織手ぬぐい、田植えできなくても、
一緒に田植えをした気持ちになれます。チケットと一緒に購入できます。

・朔限定 お米から育てる日本酒(酒蔵 富久錦)購入予約ができます。


今回の藤本さんが朔専用に育てたお米を、加西の酒蔵「富久錦」さんが、
朔用に醸してくれる、他には売られることのない日本酒です。
(こちらは、来年の春に納品されるお酒です。楽しみにお待ちください。)
チケットと合わせてご購入いただけます。

※20歳未満の者の飲酒は法律で禁止されています。

-------------------------------------------------------------------------------------
◆「朔」について
地域文化の語り部である日本酒を通して、地域の風土文化を10か月かけて体験しながら、ローカルリベラルアーツに触れるプログラムです。取り上げる地域は1年に1地方ずつ。
江戸時代の藩を元にした地域をひと単位とします。今回は西の要所で酒米が有名な播磨を旅します。275日後には、日本の中でもそのエリアはあなたにとって特別な地域となっていることでしょう。

「朔」の5つの魅力
1 )学びは10か月で9分野。地域文化の語り部である日本酒を通して、地方のローカルリベラルアーツに触れ、総合的な教養を深める
古くから人や文化の交わる場所である酒蔵を中心に、地域教養(=ローカルリベラルアーツ)を紐解いていきます。取り上げるローカルリベラルアーツは、能楽から料理まで、9分野。知っておけばきっと役に立つ分野を厳選しました。

2 )月1回、知的好奇心を刺激するオンライン&オフライン旅の組み合わせ
生きた教養に触れるライブ感を得ることができます。さらに、「朔」クラブメンバーには、メンバー限定交流会等のイベントも。「朔」は、聴く、観る、体験する、話す、味わうがセットになった五感を刺激する新たな旅と学びのカタチです。

3 )275日後、日本の見え方が変わる。自分が変わる
「朔」エクスピリエンスを経た275日後、日本地図の中で、その地方はあなたにとって特別な場所になっているはずです。まるで旅したことがある土地のように。「朔」での経験があなたに新たな日本を見せてくれます。

4 )旅するように10か月間を過ごした後は、「朔」限定のオリジナル日本酒に舌鼓
酒米の田植えから見守ったここだけの日本酒を口に含めば、旅するように過ごした10か月間の旅の学びが酒の味わいをより一層深めてくれることでしょう。

5) 田植えに鍛冶、料理に日本酒。体験した学びが新たな楽しみになる
「朔」の大きな魅力は、「仲間と体験を分かち合う」「酒や料理を楽しむ」、「次の世代へ伝えたいことが見える」等、学びが活きた楽しみになること。教科書の上では終わらない、大人のための学びです。

日本語