朔のメンバーになる

8/29(日) 日本酒からローカルリベラルアーツを学ぶ旅 〜鍛治編〜

Regular price ¥16,500 Unit price  per 

Tax included.

日本酒からローカルリベラルアーツを学ぶ旅 〜鍛治編 自分で彫る銘切体験付き〜

語り手:刀鍛冶 明珍宗裕さん

 

◆プロフィール
平安時代後期、近衛天皇に鎧と鐙を献上した所、ことのほか喜ばれた天皇から
明珍の姓を賜った明珍一族。時代が下ると甲冑師として日本全国で繁栄しましたが、
中でも、現代まで家業としてその技を継承するのが姫路明珍家。
昭和49年 兵庫県姫路市で明珍家・第52代明珍宗理氏の次男として生まれる
平成10年  宝塚造形芸術大学美術学科彫刻コース卒業後、久保善博刀匠に師事
平成15年  文化庁より作刀承認を受ける
平成17年  姫路市夢前町に明珍宗裕鍛刀場を開く。新作名刀展入選
平成24年 第三回新作日本刀・刀職技術展覧会 特賞 第二席 経済産業大臣賞受賞
平成25年 兵庫県系術奨励賞受賞
平成26年 第五回新作日本刀・刀職技術展覧会 特賞 第一席 経済産業大臣賞受賞
平成30年 警視総監特別賞「短刀」製作
他受賞多数

「朔」は、日本酒を地域文化の語り部とするローカルリベラルアーツに触れながら、
1年かけてあなただけの日本酒を醸してゆく、これまでにない旅と学びのカタチです。
米を主食とする日本において、米から造る日本酒にはその土地のfudo(風土)が凝縮されています。
土地と人に根付かない日本酒はないし、その逆もありません。
日本人にとっては自らのルーツをたどる体験ともなる旅に、出かけてみませんか。

今回は、刀づくりと日本人の精神性を学ぶ「刀鍛治」を訪ねる旅。
会場:明珍宗裕鍛刀場
   兵庫県姫路市夢前町新庄139-1


◎鍛治講座内容(15:00〜16:30)
現代の刀鍛冶 明珍宗裕さんの鍛刀場を尋ねて、普段なかなか目にすることがない
刀の制作現場を拝見しながら、明珍さん自らのレクチャーを受けることができます。
今回は、鍛冶の現場だけでなく、刀の波紋を描く「土置き」の工程を特別に見せて
いただきます。この波紋、刀鍛冶によって様々なこだわりがあり、明珍さんは、
入道雲をイメージして描く独特な波紋で、独自の美を追求されています。
鍛冶の現場での鍛錬ももちろん見学いただきます。
また、今回の旅参加者には、「銘切」体験をご用意しました。

https://youtu.be/WQ2TfbpoT5k

ご自分のお好きな「銘」を当日、明珍さんの指導の元、銘切を作っていただけます。
世界に一つだけの自分の「銘切」は、今回の旅の大事な思い出としてお手元に残ります。


・朔限定 お米から育てる日本酒(酒蔵 富久錦)購入予約ができます。


農家の藤本さんが朔専用に育てたお米を、加西の酒蔵「富久錦」さんが、
朔用に醸してくれる、他には売られることのない日本酒です。
(こちらは、来年の春に納品されるお酒です。楽しみにお待ちください。)
チケットと合わせてご購入いただけます。

※20歳未満の者の飲酒は法律で禁止されています。

-------------------------------------------------------------------------------------
◆「朔」について
地域文化の語り部である日本酒を通して、地域の風土文化を10か月かけて体験しながら、ローカルリベラルアーツに触れるプログラムです。取り上げる地域は1年に1地方ずつ。
江戸時代の藩を元にした地域をひと単位とします。今回は西の要所で酒米が有名な播磨を旅します。275日後には、日本の中でもそのエリアはあなたにとって特別な地域となっていることでしょう。

「朔」の5つの魅力
1 )学びは10か月で9分野。地域文化の語り部である日本酒を通して、地方のローカルリベラルアーツに触れ、総合的な教養を深める
古くから人や文化の交わる場所である酒蔵を中心に、地域教養(=ローカルリベラルアーツ)を紐解いていきます。取り上げるローカルリベラルアーツは、能楽から料理まで、9分野。知っておけばきっと役に立つ分野を厳選しました。

2 )月1回、知的好奇心を刺激するオンライン&オフライン旅の組み合わせ
生きた教養に触れるライブ感を得ることができます。さらに、「朔」クラブメンバーには、メンバー限定交流会等のイベントも。「朔」は、聴く、観る、体験する、話す、味わうがセットになった五感を刺激する新たな旅と学びのカタチです。

3 )275日後、日本の見え方が変わる。自分が変わる
「朔」エクスピリエンスを経た275日後、日本地図の中で、その地方はあなたにとって特別な場所になっているはずです。まるで旅したことがある土地のように。「朔」での経験があなたに新たな日本を見せてくれます。

4 )旅するように10か月間を過ごした後は、「朔」限定のオリジナル日本酒に舌鼓
酒米の田植えから見守ったここだけの日本酒を口に含めば、旅するように過ごした10か月間の旅の学びが酒の味わいをより一層深めてくれることでしょう。

5) 田植えに鍛冶、料理に日本酒。体験した学びが新たな楽しみになる
「朔」の大きな魅力は、「仲間と体験を分かち合う」「酒や料理を楽しむ」、「次の世代へ伝えたいことが見える」等、学びが活きた楽しみになること。教科書の上では終わらない、大人のための学びです。

English