酒造

SYUZOU

酒造りは、風土気候と人の物語

江戸時代から富久錦が蔵を構える播州・加西(兵庫県加西市)は、酒米「山田錦」の名産地として知られる加東市の隣に位置します。同じ播州にあり、瀬戸内の温暖な気候と、中国山麓に近く標高差のある地形の恩恵を受けながら、「山田錦」の産地としては二番手とされてきた加西。だからこそ、加西の酒米農家と酒蔵が一体となって生み出した物語は、まさに、風土気候と人の想いのストーリーです。

旅について

About the trip

「播州の酒」という型

富久錦株式会社 代表取締役社長 兼醸造責任者 稲岡敬之さん

「酒はその土地の風土気候と人の想いが造るもの」という、富久錦8代目蔵元・稲岡敬之さん。江戸時代から続く老舗蔵元に生まれ育ち、富久錦初の代表取締役兼醸造責任者として、蔵を率いる稲岡敬之さんに、「山田錦」のお膝元である播州での酒造りについて、お聞きします。

旅の詳細情報はこちら

旅の支度

Tutorial events

「朔」誕生と富久錦が描く“テロワール”

「昔から、酒蔵は地域経済と地域文化の”ハブ”としての役割を担っていた。だから、現代においても、地域の農家さんと力を合わせて、ここでしかできない最高の日本酒をつくりたい。」2017年、富久錦蔵元である稲岡さんの言葉は、「朔」着想のきっかけとなりました。チュートリアルイベントでは、MITATE代表庄司と富久錦との出会い、酒蔵のフィロソフィー、日本酒の基礎知識について共有します。

※事前イベントは、オンラインビデオ会議アプリ「Zoom」を活用して行います。

旅の当日

On the day

「朔」の日本酒が造られる酒蔵を歩く

今月のスペシャルゲストあおい有紀さんと蔵元稲岡さんのご案内で、江戸時代から続く富久錦さんの酒蔵を見学します。「朔」の日本酒を造る工程をご説明頂きながら、播州ならではの酒造りを知る酒蔵巡りは、圧巻。物語と共に日本酒を味わうための、貴重な体験となるでしょう。

日本酒への愛を深める講座とパネルトーク

酒蔵見学の後は、あおい有紀さんの「日本酒造り講座」を受けて頂きます。酒蔵見学と講座で日本酒への理解を深めた総仕上げは、特別パネルトーク。あおいさん・稲岡さん、庄司による「日本酒」への愛を語りあう熱烈トークをお楽しみください。

旅の記憶

Memory

富久錦特製の酒粕とオリジナルボトルバッグ

富久錦さんで毎年酒造りの過程で生まれる酒粕と、4合瓶が2本入る富久錦さん特製のオリジナルバッグです。

お土産

テキストが入りますテキストが入りますテキストが入りますテキストが入りますテキストが入りますテキストが入りますテキストが入りますテキストが入りますテキストが入りますテキストが入りますテキストが入りますテキストが入りますテキストが入りますテキストが入ります

語り手

Host

稲岡敬之さん

富久錦株式会社 代表取締役社長 兼醸造責任者

1971年、兵庫県加西市生まれ。江戸時代から続く老舗酒蔵「富久錦」の次男として育つ。高校卒業後、東京農業大学醸造学科(現:応用生物科学部醸造科学科)に進学、卒業後、国税庁醸造研究所(現:酒類総合研究所)を経て、加西に戻り富久錦入社。営業、醸造部門を経て2013年より富久錦8代目蔵元として、代表取締役兼醸造責任者を務める。

肉も魚も、人も酒も、その土地に生かされるものだから。

「酒造りは、元々、その地域の風土気候の中で、その土地の人々の好みや料理に合うように行われてきたもの。日本酒の原材料となる稲は、土に植えられ、水を得て育つのだから、当たり前なのですが、今は、日本中どこへ行っても、播州の「山田錦」を使って精米60%で、という酒造りをするようになっている。そうではなくて、僕は、お酒というものは地域で造るものだと思っています。 だから、播州の酒蔵である僕らが、“山田錦を使った酒はこんな酒”というカタチを造らなあかん、と思うのです。だから、江戸時代から富久錦が蔵を構える、兵庫県加西市の酒米農家さんが作った「山田錦」で造ることにこだわりたい。食用の米と違って米の粒が大きい「山田錦」は、品種的に背が高い上に稲穂の頭が重くなるので、倒れないように熟させるのが難しいのですが、うちの契約農家さんは、惚れ惚れするようなみごとな「山田錦」を作られます。そして、それを受けて酒造りを担うのは、昔から変わらず丹波杜氏。彼らは、この地域の土と水を知り尽くしているからです。  その土地に育った酒米を使って、同じ風景の中にある酒蔵に醸し、その土地の味わいとして広く愛されていく。目指すのは、ワインでいう“テロワール”のように、日本酒も、味わいに加えて風土と造り手の「ストーリー」で評価されるようになること。どんなシーンでどんな人とどんな気持ちで蓋を開け、グラスに注ぐのか。そんな物語までを価値の範疇としたい。僕たち酒蔵も、背筋の伸びる想いで、播州の酒造りを追求していきます。

案内役

Conductor

あおい有紀さん

フリーアナウンサー/和酒コーディネーター 

庄司 英生

株式会社みたて 代表取締役

酒造

SYUZOU

酒造りは、風土気候と人の物語

江戸時代から富久錦が蔵を構える播州・加西(兵庫県加西市)は、酒米「山田錦」の名産地として知られる加東市の隣に位置します。同じ播州にあり、瀬戸内の温暖な気候と、中国山麓に近く標高差のある地形の恩恵を受けながら、「山田錦」の産地としては二番手とされてきた加西。だからこそ、加西の酒米農家と酒蔵が一体となって生み出した物語は、まさに、風土気候と人の想いのストーリーです。

旅について

About the trip

「播州の酒」という型

富久錦株式会社
代表取締役社長 兼醸造責任者 稲岡敬之さん

「酒はその土地の風土気候と人の想いが造るもの」という、富久錦8代目蔵元・稲岡敬之さん。江戸時代から続く老舗蔵元に生まれ育ち、富久錦初の代表取締役兼醸造責任者として、蔵を率いる稲岡敬之さんに、「山田錦」のお膝元である播州での酒造りについて、お聞きします。

日時

2021.11.14(日)

15:00~16:00

場所

兵庫県加西市三口町

語り手

富久錦株式会社
代表取締役社長 兼醸造責任者 稲岡敬之さん

富久錦蔵元・稲岡敬之さんに、播州(播磨)の酒造りについて、蔵の歴史を紐解きながら語って頂きます。

旅の支度

Tutorials

「朔」誕生と富久錦が描く“テロワール”

「昔から、酒蔵は地域経済と地域文化の”ハブ”としての役割を担っていた。だから、現代においても、地域の農家さんと力を合わせて、ここでしかできない最高の日本酒をつくりたい。」2017年、富久錦蔵元である稲岡さんの言葉は、「朔」着想のきっかけとなりました。チュートリアルイベントでは、MITATE代表庄司と富久錦との出会い、酒蔵のフィロソフィー、日本酒の基礎知識について共有します。

※事前イベントは、オンラインビデオ会議アプリ「Zoom」を活用して行います。

旅の当日

On the day

「朔」の日本酒が造られる酒蔵を歩く

今月のスペシャルゲストあおい有紀さんと蔵元稲岡さんのご案内で、江戸時代から続く富久錦さんの酒蔵を見学します。「朔」の日本酒を造る工程をご説明頂きながら、播州ならではの酒造りを知る酒蔵巡りは、圧巻。物語と共に日本酒を味わうための、貴重な体験となるでしょう。

日本酒への愛を深める講座とパネルトーク

酒蔵見学の後は、あおい有紀さんの「日本酒造り講座」を受けて頂きます。酒蔵見学と講座で日本酒への理解を深めた総仕上げは、特別パネルトーク。あおいさん・稲岡さん、庄司による「日本酒」への愛を語りあう熱烈トークをお楽しみください。

旅の記憶

reflection

富久錦特製の酒粕とオリジナルボトルバッグ

富久錦さんで毎年酒造りの過程で生まれる酒粕と、4合瓶が2本入る富久錦さん特製のオリジナルバッグです。

お土産

テキストが入りますテキストが入りますテキストが入りますテキストが入りますテキストが入りますテキストが入りますテキストが入りますテキストが入りますテキストが入りますテキストが入りますテキストが入りますテキストが入りますテキストが入りますテキストが入ります

語り手

Host

稲岡敬之さん

富久錦株式会社
代表取締役社長 兼醸造責任者

1971年、兵庫県加西市生まれ。江戸時代から続く老舗酒蔵「富久錦」の次男として育つ。高校卒業後、東京農業大学醸造学科(現:応用生物科学部醸造科学科)に進学、卒業後、国税庁醸造研究所(現:酒類総合研究所)を経て、加西に戻り富久錦入社。営業、醸造部門を経て2013年より富久錦8代目蔵元として、代表取締役兼醸造責任者を務める。

肉も魚も、人も酒も、その土地に生かされるものだから。

「酒造りは、元々、その地域の風土気候の中で、その土地の人々の好みや料理に合うように行われてきたもの。日本酒の原材料となる稲は、土に植えられ、水を得て育つのだから、当たり前なのですが、今は、日本中どこへ行っても、播州の「山田錦」を使って精米60%で、という酒造りをするようになっている。そうではなくて、僕は、お酒というものは地域で造るものだと思っています。 だから、播州の酒蔵である僕らが、“山田錦を使った酒はこんな酒”というカタチを造らなあかん、と思うのです。だから、江戸時代から富久錦が蔵を構える、兵庫県加西市の酒米農家さんが作った「山田錦」で造ることにこだわりたい。食用の米と違って米の粒が大きい「山田錦」は、品種的に背が高い上に稲穂の頭が重くなるので、倒れないように熟させるのが難しいのですが、うちの契約農家さんは、惚れ惚れするようなみごとな「山田錦」を作られます。そして、それを受けて酒造りを担うのは、昔から変わらず丹波杜氏。彼らは、この地域の土と水を知り尽くしているからです。  その土地に育った酒米を使って、同じ風景の中にある酒蔵に醸し、その土地の味わいとして広く愛されていく。目指すのは、ワインでいう“テロワール”のように、日本酒も、味わいに加えて風土と造り手の「ストーリー」で評価されるようになること。どんなシーンでどんな人とどんな気持ちで蓋を開け、グラスに注ぐのか。そんな物語までを価値の範疇としたい。僕たち酒蔵も、背筋の伸びる想いで、播州の酒造りを追求していきます。

案内役

Conductor

あおい有紀さん

フリーアナウンサー/和酒コーディネーター

庄司 英生

株式会社みたて 代表取締役

English